ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【真紅眼影依】

f:id:girudoya:20150829033342j:plain



▼『四苦八苦』

レッドアイズを組んでみたの巻。



f:id:girudoya:20150829034643j:plain


【レッドアイズ・シャドール】

レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン
真紅眼の黒竜×2
デーモンの召喚×2
マスマティシャン
伝説の黒石×3
黒鋼竜×3
カーボネドン
シャドール・ドラゴン
シャドール・ビースト
シャドール・ヘッジホッグ×3
シャドール・リザード×2
シャドール・ファルコン

おろかな埋葬
死者蘇生
影依融合×3
真紅眼融合×3
神の写し身との接触
手札抹殺
貪欲な壺
闇の誘惑
ハーピィの羽根帚

堕ち影の蠢き
影依の原核
貪欲な瓶
業炎のバリア -ファイヤー・フォース-×3
破壊輪

エクストラデッキ
真紅眼の鋼炎竜
幻子力空母エンタープラズニル
レッド・ワイバーン
月華竜 ブラック・ローズ
浮鵺城
氷結界の龍 トリシューラ
蒼眼の銀龍
エルシャドール・シェキナーガ
エルシャドール・ミドラーシュ×3
エルシャドール・エグリスタ
エルシャドール・アノマリリス
悪魔竜ブラック・デーモンズ・ドラゴン×2



▼『真紅眼融合を使いたい』

f:id:girudoya:20150829033525j:plain


ちょっと前に強化された【レッドアイズ】のラインナップを眺めてみると、圧倒的に使いたい『真紅眼融合からの悪魔竜』の流れ。自発的にデッキ融合できる革新的な融合カードであり、繰り出される悪魔竜は黒炎弾効果と合わせて5600ダメージという火力を誇ります。がめつい風のイラストも噛み合ってます。




f:id:girudoya:20150829033532j:plain

f:id:girudoya:20150829033537j:plain


他にレッドアイズ関連で気になったカードは黒鋼竜と伝説の黒石の2枚。黒鋼竜は【レッドアイズ】の存在意義足るレダメと真紅眼融合をサーチでき、伝説の黒石は半永久的にレッドアイズを盤面に供給できる近代的なカードです。この辺りも使っていきたいなと。




f:id:girudoya:20150829033544j:plain


悪魔竜をライフを取るカードと捉えると業炎バリアや破壊輪の意味合いも変わります。前向きな構築が見え始めた辺りで、真紅眼融合を扱う上での制約に向き合う必要があります。大きく2つ。



● 真紅眼融合を発動するターンには「召喚・特殊召喚」が不可


● 真紅眼融合のデッキ融合=通常モンスター2種(レッドアイズ&デーモンの召喚)が構築段階で複数枚必要になる



これ。悩ましかったので解決法として浮上したのが【シャドール】との組み合わせ。モンスターセットが基本となるテーマなので、「召喚・特殊召喚」が不可となる真紅眼融合の制約中でも召喚権をリバースモンスターに充てられます。写し身による相手ターン融合も真紅眼融合の制約を潜り抜ける手立ての1つです。



f:id:girudoya:20150829033552j:plain


手札に来たレッドアイズ・デーモンの召喚もミドラーシュの融合素材として最低限活用でき、これいいんじゃないかと。



また黒鋼竜のサーチ効果は「場から墓地へ送られた場合」というトリガーなので、黒鋼竜を場に出してからミドラーシュの融合素材とする事で、レッドアイズカードをサーチ可能です。レッドアイズを供給しまくる伝説の黒石もミドラーシュ精製に加担するので、これでもかとミドラーシュを送り出せます。




f:id:girudoya:20150829033558j:plain


他にも【レッドアイズ×シャドール】の焦点を探ってみると、影依融合のデッキ落としから地属性のカーボネドン⇒レッドアイズ特殊召喚とする選択肢や、『悪魔竜×影依の原核⇒幻子力空母エンタープラズニル』ランク9の荒業まで笑



そこからランク9の響きが素敵やんトランス状態に陥り、『レッドアイズ+シャドールファルコン』からのレベル9シンクロのラインナップを眺めてみると蒼眼の銀龍・浮鵺城という怪しげなメンバーが…



f:id:girudoya:20150829033606j:plain


蒼眼の銀龍からデーモンの召喚を蘇生したり、浮鵺城で悪魔竜を蘇生して幻子力空母エンタープラズニルを建造できたりします。強いのか?という疑念が宿った辺りで切り上げ。真紅眼融合を起点としてシャドールを経由した【レッドアイズ】の話でした ^^





f:id:girudoya:20150829033606j:plain


その道中痛切に思ったのは、近代遊戯王は『融合・儀式・ペンデュラム・アドバンス召喚』と多様な召喚方法を推していますが、その前に『最上級通常モンスター』を扱い易くする方が先なんじゃないか?という部分。だいぶ緩和されて来ていますが、来年は初代原作の映画も公開となるので、手札で浮いてるブルーアイズ・ブラックマジシャンは頂けないぜよ。遊戯王再燃の起爆剤となった『シンクロ召喚』の勢いを『ペンデュラム召喚』でもう一度という狙いも分かりますが、その前にブルーアイズ。世界大会で配ったプロモが布石である事を願います。ではまた~