ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【フレシアとKONAMIの業績】

f:id:girudoya:20150807005718j:plain


《フレシアの蟲惑魔》
エクシーズモンスター
ランク4/地属性/植物族/攻300/守2500
レベル4モンスター×2
(1):X素材を持ったこのカードは罠カードの効果を受けない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する 限り、 「フレシアの蟲惑魔」以外の自分フィールドの 「蟲惑魔」モンスターは戦闘・効果では破壊されず、相手の効果の対象にならない。
(3):1ターンに1度、このカードのX素材を1 つ取り除き、 発動条件を満たしている「ホール」通常罠カードまたは 「落とし穴」通常罠カード1枚をデッキから墓地 へ送って発動できる。 この効果は、その罠カード発動時の効果と同じになる。 この効果は相手ターンでも発動できる。




▼『悪魔的』

もはやサーチすら生ぬるいと言わんばかりのフレシアさん。先手後手どちらも使える狡猾な落とし穴が便利だね的な話題を載っけましたが、ここで裁定です。


■『フレシアとスターダストの裁定


フレシアの効果自体は破壊ではないので、破壊に反応するスターダストなり我が身を盾に、大革命返し、スターライトロード等は発動できないそうです。気持ち的に使いたくなるので周知が必要な裁定。




f:id:girudoya:20150807005124j:plain


その内の1枚大革命返しが注目を集めてます。スターライトロードには『 (1):自分フィールドのカードを2枚以上破壊する~』という縛りがあり、『ビュート、羽根帚、Mヒーローアシッド、DDDカリユガ、妖精の風』などを打ち消せるのは同様ですが、『揺れる眼差し、ペンデュラムマジシャン、ダイヤウルフ、スクラップドラゴン』などスターライトロードの範囲外まで手が延びるのが大革命返しの利点です。




罠を積む分だけ自分の狡猾な落とし穴が浮く可能性という天秤こそ生じますが、大革命返し・スターライトロードを見掛けるか否かは露骨にプレイに影響が出てきます。例えば、どうしてもヒグルミを割りたい時の揺れる眼差しは1枚破壊に留めておこう的な事です。【BF】が流行ってた当時、どうしても通したいゴットバードアタックはスターライトロードをケアして相手の場と自分の場を1枚ずつ対象にしていたのと同じです。アド損ですが、負けない為の損なら問題ありません。




カード1枚の有無でプレイが変わるのもカードゲームの奥深さです。デッキからカードを墓地に送れなくなるセイクリッドダイヤは、落とし穴を墓地に送りたいフレシアのケアとして役割を増やしてます。環境変遷と共に求められるプレイが変わる面白さ、ネクロスのトリシューラをケアして手札を全て置いたり、ダストシュートをケアして手札を3枚以下に保つ的な事です。先行ドローがあった時代のダストシュート…そりゃ先行1アド+手札把握はゲームにならんよ。近年カードパワーのインフレこそ進みましたが、ゲーム性としては快適に向かってると感じます。






KONAMIの業績の話題はご覧になられましたか?新社長となり長年愛されてきたコンテンツの整理が進められ、ユーザー的には一悶着ありましたが、今回の増益増収。



コナミ株式会社の2015年4-6月期における連結業績は、売上高512億2百万円(前年同期比 105.3%)、営業利益64億84百万円(前年同期比 186.7%)

税引前四半期純利益は68億62百万円(前年同期比235.1%)、親会社の所有者に帰属する四半期 利益は42億82百万円(前年同期比259.9%)



にやけ散らして止まらん雰囲気です。


特にKONAMIのスマフォ関係が伸びてますが、業界的に市場拡大が鈍くなりグリーも赤字転落といった後ろ向きな材料もあります。グリーは変なことばかりしてるからですが、KONAMIとしてはスポーツ部門でも掲げているように『続けられる』施策をこれからも打ち出して欲しいなと思います。変な買収とかに手を出すのはヤバい。どこもコケてる。




遊戯王についても記述がありました。



▼ デジタルエンタテインメント事業

「遊戯王トレーディングカードゲーム」シリーズを引き続きグローバルに展開。


グローバルと銘打ちながら、今年の遊戯王世界大会in京都。海外版使用禁止です。まぁ言語じゃないからね。世界で楽しまれてる事が大切です。次回は新テーマ【怪獣】の話。早速値上がりしてる青田買いカードもあるので載っけていきます。