ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【シャドールの話】

f:id:girudoya:20150308113326j:plain



【シャドール】の話

《クリバンデット》を最強に扱えるのは、このデッキで間違いないでしょう。シャドール系統やペロペロ・超亀が落ちて2~3アド稼がれると絶望の夢を見ます。これはフェリスの3枚落ちでも同様ですが、クリバンデットには5枚の中から『速攻魔法』をピックする事で、そのままエンドフェイズに発動できるという長所があります。




  • 神の写し身との接触
  • 超融合



f:id:girudoya:20150308113308j:plain

f:id:girudoya:20150308113315j:plain


この2枚の存在感が絶大です。エンドフェイズの《写し身》はヴェーラーを気にせずネフィリムに向かえたり、クリバンデットの落ちを確認した後に「ミドラーシュ・シェキナーガ・アノマリリス・エグリスタ」といった場面毎に求められる融合制圧を叶えます。



また、クリバンデットに充てられる召喚権のタイムラグを速攻融合が手数的にカバーしていると考えると、よりクリバンデットを強く感じます。ここは特殊不可となるカードカーDとの大きな差ですね。




もう1枚の速攻魔法『超融合』に関しては水属性の融合体であるアノマリリスが出揃い完全網となったのみならず、万能カウンターを備える「サイバードラゴン・インフィニティ」も超融合のリアクション不可を盾に簡単に処理する事ができます。




【HERO】戦で「ダークロウ・インフィニティ」のような絶望的な場でも、クリバンデット⇒超融合が通り、インフィニティを素材にネフィリムを精製。難を逃れたケースもありました。この時は除外屋のダークロウがいるからクリバンデットは機能しないとインフィニティでカウンターされなかったラッキーでしかありませんが、クリバンデット⇒超融合が生きたシーンの1つでした。





なんというか【シャドール】の制限カードが強すぎると思うんですよね。環境の多様化によりミラーでは使い物にならなかった「手札抹殺」も難なく積みこなしてます。




制限カードが強いというか、《シャドール・ビースト》の1ドローを「成金ゴブリン」のような圧縮と捉えると、ビースト1ドローに繋がる「リザード・マスティ・おろ埋・ネフィリム」が制限カードを引き込む確率を上げてくれます。融合体を立てる裏で、さりげなく進められているドローから叩き付けられる各種制限カードも【シャドール】の強味だなぁと改めて感じる次第です。ではまた!