ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【BFー 昼夜の大火事】

f:id:girudoya:20150202215113j:plain


すっかり汎用6シンクロの座を欲しいままにしている《BF − 星影のノートゥング》


実質的に攻撃力3200の突破力に加え、「昼夜の大火事」が内蔵される仕様。「ガガガンマン」のようにメイン2で引導を渡す、エクストラターンの逃げ切りに使える点もグッドです。が、安易に相手にダメージを与えると「ペロペロケルペロス」の起動を許すなんて場面も訪れます。



「ノートゥング」の特殊時の効果は、『バーン効果⇒その後、相手の攻守ダウン』というテキストですが「ペロペロケルペロス」がタイミングを逃さない仕様なので噛みつかれますね。同じ PREMIUM PACK 17 収録なので仲良くやってます。一般発売まで一月半となり、ついに「BF−白夜のグラディウス」のお値段は2000円を突破。



【ジャンド】の時の「ジャンクアンカー」はスカった感が満載でしたが、「グラディウス」については毛並みが違います。『レベル3のBFチューナー(ゲイル・ピナーカ)×黒い旋風』から「グラディウス」をサーチ、先の「ノートゥング」をシンクロして追加召喚権を獲得。2回目の「黒い旋風」を起動と運べるので、「ノートゥング」精製のために「グラディウス」は選択肢に欲しくなります。あと一月半…




ちなみに「BF−星影のノートゥング」は、ちょこちょこ【ネクロス】でも採用されています。レベル6なので『万華鏡⇒ブリューナク』という使い道もありますが、手札に「深海のディーバ」が重なった場合ですね。


  • ディーバ召喚⇒海皇の重装兵
  • ディーバ追加召喚⇒ディーバ特殊
  • ディーバ×重装兵⇒虹光の宣告者
  • 虹光の宣告者×ディーバ⇒BF−星影のノートゥング



ディーバ2枚から能動的に「虹光の宣告者」を墓地に送りつつ儀式を確保、「ノートゥング」で場面の打開も狙える展開です。これを1枚で狙える「サルベージ」も試してみましたが、【水精鱗】のように「ディーバ」のサーチに長けている訳でもないので廃案に。




新カードが登場する度の「あーだ こーだ」は遊戯王の醍醐味だと思います。例えば、ランク4からランク5への架け橋として到来する《星守の騎士 プトレマイオス



【マスクヒーロー】の『ブリキンギョ・サモプリ・魔法』

  • キンギョ召喚⇒サモプリ特殊⇒シャドーミスト特殊⇒マスクサーチ



エンドフェイズにプトレマイオス素材補給から、相手ターン『プレアデス・ダークロウ・ヒーローサーチ』という絶望を見ます。


もしくは「プレアデス」ではなく、「AFデュランダルの手札入れ換えをダークロウ除外ハンデスのトリガーにする」なんてお洒落なプレイも可能です。これを勢い余ってドローフェイズに仕掛けると「ダークロウ」の効果が出ないので気を配る必要がありますが、重箱の隅をつつくようでやだな笑



以上、昼夜の大火事カッコイイという回でした。ではまた~