ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【そーろー】

スピーディ

カードゲームにおける「時短」が言及されている記事があったので、ご紹介。自由な時間が限られるのであれば、工夫して作る他ありません。知らず知らずの内にこなしていたフリーの1ゲーム・1プレイを試せたからこそ、生きてくる1マッチ・1大会もあるのではないでしょうか。自分はもちろん、仲間のためにも「時間」について今一度考えてみて欲しいと思います。遊戯王MTGゲームは違えども学ぶべき点は多分にあり、何より軽めのタッチで読みやすいので是非 ^^



■ 【やり得ハッピーテク紹介001】カードは右見せがハッピー | happymtg.com


上記リンクは「カードの左右における情報量の差」と「手札の持ち方」から「確認の時間」を減らせるという内容です。遊戯王MTGもカード情報のパーツ分けをすると、右下に攻守の記載があったりと似通った作りになっているので、引用できるノウハウだと思います。


あなたの手札は右見せ?左見せ?


ちなみに右利きが多いので、情報量の少ない「左見せ」が圧倒的に多いそうです。そんな事情もあってバディファイトの攻守はカードの左側に配置されているのかも知れません。そんなこんな時短とデザインな話でした。