ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【大きな栗の】

ヒーロー云々

環境頭の【ネクロス】が規制されたことで、繰り上げとなる【クリフォート】【ヒーロー】といった2番手達。


f:id:girudoya:20141220085238j:plain


【シンクロン】【列車】…新顔奮闘も期待したい所ですが、「カオスエンペラー・死デッキ」を始めとする禁忌チームを苦もなく扱える【シャドール】も注目株のようです。「エクリプスワイバーン」から『ダムドorカオスエンペラー』という世代を表するモンスターの共演も興味深い&感慨深い。水属性のシャドールが出たら「キラースネーク」を使いたいと企んでる潜在人数は5000万人を数えます。(当社調べ)



エラッタされた『死デッキ(3枚デッキ破壊)』を【シャドール】に撃ち込もうものなら「エクリプスから混沌帝龍予約・ビースト1ドロー・ドラゴン伏せ破壊 etc.」と強烈なカウンターを喰うことになります。何にせよデッキが分かるまで死デッキは怖いですね。



デッキが分かったとしても混在するリスクのひとつとしてモンスターを引けていないデッキが息を吹き返す可能性。【ヒーロー】からの「羽根菷に対応して死デッキ→デッキ破壊→エアーマンを落として死者蘇生」から回り始めたら悲惨です。オマケに死デッキ発動後、相手はダメージを喰わなくなるので、無料の「ソウルチャージ」が飛んできます。そんなリターンとリスクが絡む面白い1枚になった「死デッキ」ですが、【聖刻】【ライトロード】といった「ウィルス」が存在するだけで否定されるテーマもあるので、ここは販売事情と絡めながら投獄・出所を行き来するべきカードだと思います。




また【ヒーロー】【シャドール】【ヴェルズ】を始めとするエクストラデッキ系統は「超融合(旧神ノーデン)」が制限されたことで、2体並べられないジレンマからの解放を得ています。


悩ましいのは融合テーマにとって追撃やヴェーラーケア等にも使える「超融合」は癌でありながら武器でもあったので、制限歓喜と一概には言えないところ。「エクストリオ・真シエン・パーデク」のような制圧モンスターへの「超融合」はお葬式だったので、ここに関しては良制限です。




何にせよノータッチだった【クリフォート】が筆頭株だと思うので、ミラーに強い「起動する機殻・帝王の烈旋」といったカードも候補に上がります。



テーマ内でステータスが統一されている【クリフォート】は永続罠を組み換え幾らでも有利な構築に持っていけるので、例えば【シンクロン】は「群雄割拠なり御前試合・超古代生物の墓場」といった往年のシンクロ対策が悩ましい種です。



【クリフォート】が筆頭という事は「サイクロン」も戦線復帰ですね。ツールを割れるカード全般の価値が上がるので、【ヒーロー】の「マスクチェンジ→アシッドの羽根菷」や、【シャドール】は「相手ターン写し身→ドラゴン」から「ツール」に対応といった策が求められます。




禁忌チームより「羽根菷」が帰ってきましたが、以前より【ヒーロー】は「アシッドの羽根菷」があるので、新戦力「シャドーミスト→死デッキ」にしろ「新・闇マスク」にしろ規制された「簡易融合」の穴を埋められるか。



前期は「虚無空間」を意識して「簡易融合」を削ったレシピも見受けられたので、【ネクロス】が「トリシューラ」さえ放って来なければ「リビングデット置換」も視野だと思います。相手ターンに「エアーマン」の蘇生手段が増えることで、「ツール」を破壊できる手立てが増えることも好ましい。




それにしても【ヒーロー】から「ミラクルフュージョン」が姿を消して幾星霜。ちょこちょこ見掛けますが、ダークロウを盾に盤面解決・妨害の両方を兼ねるエクシーズという形には添いません。何より「ミラクルフュージョン」から何を呼んでも相手のエクシーズに解決されてしまう事が最大の懸念事項。あれだけの安心感を誇った「アブソルートゼロ」でさえ「アークナイト」による"素材化"の前に黙らされてしまいます。




その代わり全面に出てきた【マスクヒーロー】の中でも「アシッドの羽根菷」。オマケ効果ではありますが、相手モンスターの攻撃力を300下げる効果もあるので、ランク4の雄「ラグナゼロ」を強く使える事にも繋がります。忘れがちですが「アドレイション」も攻撃力を下げる効果を持っているので、「ラグナゼロ」とシナジーを誇ります。



「ラグナゼロ」を立てる事で、攻撃力を上げるカードを用いる【クリフォート】への牽制になる事は周知の通りですが、攻撃力の変動がない「アセンブラツール」をスケールに置く事で「ラグナゼロ」をケアしながらペンデュラムできるので、この関係性にも注目です。




以上、雑感を並べてみました。禁忌チームより「死デッキ」のダメージを喰らわなくなるエラッタと「破壊輪」の相関性も面白い部分だなと感じる次第です。またね~