ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【列車 第八編】


■【列車 第二編】

■【列車 第三編】

■【列車 第四編】

■【列車 第五編】

■【列車 第六編】

■【列車 第七編】


羅列

f:id:girudoya:20141123223341j:plain


【列車】大好きっ子みたいになってますが、ベクトル的には普通です。次に組む予定の【ワイト】が楽しみで仕方ない位です。それでもネタは尽きないので、どんどん投下していきます!





■【ソウルチャージ】

【列車】で扱うと意味不明なパワーカードの所以を感じる事ができます。単にレベル10を並べて「複数体のスペリオルドーラ・グスタフマックス」といった挙動は勿論、「惑星探査車」を釣り上げれば「転回操車」となり、蘇生行為を「デリックレーン・転回操車」の特殊召喚トリガーとして使う事さえ叶います。



「バトレイン再利用」、「ギアギアングラー→アクセル」と墓地にカードが貯まりやすい…利点たっぷりです。



【列車】は基本的に「召喚権→デリックレーン/転回操車の呼応→エクシーズ」と1ターン内で攻める回数が限られるデッキなので、最強蘇生カード「ソウルチャージ」による追攻は頼りになります。



デメリットとして攻撃不可となりますが、「転回操車」の戦闘ダメージ0デメリットを重ねることで、代償・負担を合わせてしまうプランを取れる点も特徴的です。



たとえ戦闘が封じられたとしても「バトレイン・超巨大空中宮殿ガンガリディア・グスタフマックス」のバーン効果は使えるので、常にライフレースは意識に上がります。



バーン効果に「冥府の使者ゴーズ」の隠されし第三効果を当てられる危険性もありますが、まぁ微々たるものなので気にしない気にしない。一休さん



「グスタフマックス・スペリオルドーラ」と並べると、総合ダメージ【3000+3200+2000=8200】となる上に「スペリオルドーラ」の耐性付与により「ヴェーラー・虹クリボー・速攻のかかし・ヴァルキュルス」等々の妨害をクリアできるので、早期決戦を見込む際は目安になります。







そして何だろう。星の数ほどある【列車の弱点(転回操車を狙われエクスプレスデリックが揃わない、機械族の死神キメラテック・フォートレス、墓地起動のバトレインに対する深淵に潜む者やラプソディ)etc.】については、うん…そうだね。


フィールド魔法で戦う【ドラグニティ】の類似テーマとして、宿命を背負って生まれ落ちたんだよ。たぶん。



ちなみにエンドフェイズ起動の「バトレイン」は、【TG】や「XX−セイバー ダークソウル」のように効果発動時まで墓地にないと起動しません。この裁定は一貫しているので分かり良いですね。




■ Q:《無頼特急バトレイン》が墓地へ送られたターンのエンドフェイズ時にこのカードが墓地に存在しない場合、自身の効果を発動する事ができますか?


■ A:いいえ、できません。



「バトレイン」を蘇生するなりして複数回墓地に送ってもサーチできるのは1枚となります。


遥か昔の海外事情、【Xセイバー】最盛期に「ダークソウル」を使い倒した数だけサーチしていた時代からの教訓。そこに「レスキューキャット」まで在籍となると横に並ぶテーマは見当たらず。




ではまた続編にて!