ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【ジェット・シンクロン】

強打

f:id:girudoya:20141115210933j:plain

ストラクチャーデッキ


−シンクロン・エクストリーム−


新作の顔がポスターにより出揃い始めました。中でも飛び抜けて可能性があるのは自己蘇生&ジャンクサーチ《ジェット・シンクロン》



f:id:girudoya:20141115210945j:plain

《ジェット・シンクロン》
チューナー
星1/炎属性/機械族/攻 500/守 0
「ジェット・シンクロン」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。 デッキから「ジャンク」モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在する場合、手札を1枚墓地へ送って発動できる。 このカードを墓地から特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。



まさか「フィッシュボーグガンナー」のような自己蘇生…さすがにターン制限は有るもののシンクロにはドロー屋の「ライブラリアン」が鎮座しているので、手札コストなんて形骸化してしまいます。


墓地トリガーの「くず鉄の像」を手札コストに充てジャンクサーチという道もあるので、ストラクチャーの基盤カードとしての位置付けでもあります。





【複製ジャンド】

ジェット・シンクロン×3枚
クイック・シンクロン×3枚
ジャンク・シンクロン
ドッペル・ウォリアー
シンクロン・エクスプローラー×3枚
レベル・スティーラー×3枚
チューニング・サポーター×3枚
デビルフランケン

おろかな埋葬
死者蘇生
ソウルチャージ
アイアンコール×3枚
増援
調律×3枚
貪欲な壺
ワン・フォー・ワン
ワンチャン!?×3枚
シンクロキャンセル×3枚
機械複製術×3枚
大嵐

エクストラデッキ
フォーミュラ・シンクロン
霞鳥クラウソラス
波動竜フォノン・ドラゴン
アクセル・シンクロン
ジェット・ウォリアー
TG ハイパー・ライブラリアン
ドリル・ウォリアー
獣神ヴァルカン
月華竜ブラックローズ
ジャンク・デストロイヤー
ロード・ウォリアー
氷結界の龍 トリシューラ
スターダスト・ウォリアー
シューティング・クェーサー・ドラゴン
ナチュル・エクストリオ





【クイックジャンド】


有名パターンとして3枚から「1ドロークェーサー」やっふーというアーキタイプですが、機械/戦士族をデッキから特殊召喚できる「ロードウォリアー」の派生先「デビルフランケン」により着地点が多彩に。



「スタダウォリアー、クェーサー、エクストリオ」と相手により展開を変えながら戦う事が可能です。


ペンデュラムや儀式は「エクストリオ」で沈むので、【ロードウォリアー→デビフラ】のホットラインは重宝します。「ロードウォリアー」を条件無視で呼び出せる「スターダスト・ウォリアー」の価値も同様です。



複製術の最強パターンは


  • クイック特殊
  • チューサポ召喚→機械複製術
  • 3ドローしながらロードウォリアー
  • ジェットシンクロンを特殊
  • ロードウォリアーをシンクロキャンセルして再度チューサポ3ドロー…


という『チューサポ→複製→ロード→キャンセル』の【6ドロー+2枚リクルート】展開。そこに「ライブラリアン」が絡むとエクストラデッキが枯渇する勢いで展開できます。これからは重なってしまったコンボパーツを「ジェット・シンクロン」の蘇生コストに回せる点も◎





役割

そんな《ジェット・シンクロン》1枚をピックしても思うところは多々あります。


例えば、上記のような【クイックジャンド】における【レベル1・機械族・チューナー】は「アンノウン・シンクロン」が役割を担っていました。ちょっと並べてみます。


  • ロードウォリアーのリクル対象
  • 調律のサーチ対象
  • 機械複製術で倍々
  • ワンチャン!?のサーチ対象
  • ワンフォーワンのリクル対象
  • アイアンコールの蘇生対象
  • ジャンクドッペル→1チューナー蘇生→2ドロー相手ターン月華竜の構え




これらの仕事を任されてきた「アンノウン・シンクロン」サイバードラゴンの効果を持つチューナーなので役に立つ場面もありますが、自己蘇生持ちの「ジェット・シンクロン」には及びません。ダムドや開闢を踏まえると炎属性の「ジェット・シンクロン」とは別の役割を持てますが、「フレムベル・ヘルドック」、「スクラップリサイクラー」、【カラクリ】新たな…可能性。



何より「ジェット・シンクロン」の所属先となるチーム自己蘇生「キャリア、スポーア、バルブ、フィッシュボーグガンナー」と歴代の猛者たちが語るものがあります。それもこれもコストを踏み倒す「ライブラリアン」のせいだとも思いますが、省きます。



キミ

そして【ジャンド】の武器として、次作は「フォーミュラ、アクセルシンクロン」を筆頭に【相手ターンシンクロ】がフューチャーされています。(原作ではアクセルシンクロと呼ぶらしい)


  • 《ジェット・ウォリアー》
  • 《スターライト・ジャンクション》


特にバウンスカードは「獣神ヴァルカン」や「月華竜」に加わるラインナップとなるので盛り沢山を越えてます。アクセルシンクロはレベル5~10に攻防を兼ねる選択肢を持ち、【竜星】の持ち味である相手ターン展開を手中に収める事に。


【アクセルシンクロ】×【アーティファクト】なんてデッキも楽しそうです。

  • フォーミュラ×AF→月華竜
  • アクセルシンクロン×AF→スターダスト・ウォリアー


「リビングデットの呼び声」を【アクセルシンクロ】と【アーティファクト】で使い分ける雰囲気です。



変革


ストラクとしても新たな試み【ストラクチャー初のパラレル仕様カード収録】と、看板モンスターや新フィールド魔法が箱の中で反り上がってない事を祈るばかりです。


44枚収録となるとエクストラは4枚ですが「ジェット・ウォリアー」の判明により残る席は1枠に…


「フォーミュラ、クェーサー、ロードウォリアー」辺りは【ジャンド】としても使うので、1枚は抑えておくと安心です。年末の『レアリティコレクション』はストラク発売の2週間後なので、焦れったい思いもケアするためにも。




次回構想

【デビルマゼラ】