ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【エヴォル】

進化論

構築から数ヵ月、未だ手元にある【エヴォル】の生態についてお送りするドキュメンタリー番組。


f:id:girudoya:20141015092511j:plain


導入

【エヴォル】

① 爬虫類『エヴォルド』
② 恐竜族『エヴォルダー』
③ ドラゴン族『エヴォルカイザー』



3つの種族から構成され、『エヴォルド』からは『エヴォルダー』を特殊召喚、そして『エヴォルカイザー』へとデュエルの最中に進化を遂げます。


その進化点には『エヴォルカイザー・ラギア&ドルカ』を見据え、エクシーズによる制圧を狙うアーキタイプです。



■ エヴォルカイザーを1枚で立てる『進化の特異点』はマスターピースとして、『キングレムリン』からエヴォルドサーチ、『毒蛇の供物』による前後破壊、リバースモンスターを再利用できる『バーストリバース』とテーマ以外のサポートも充実してます。





【エヴォル】

f:id:girudoya:20141015092439j:plain


f:id:girudoya:20141015092457j:plain



【ウルカノドン・マシマシ】

エヴォルダー・ウルカノドン×3枚
エヴォルダー・ディプロドクス
エヴォルド・ウェストロ×3枚
エヴォルド・ラゴスクス×3枚
エヴォルド・オドケリス
エヴォルド・ナハシュ

多様進化×3枚
強制進化×3枚
簡易融合×3枚
ソウルチャージ
強欲で謙虚な壺×3枚
大嵐

神の警告
ブレイクスルースキル×3枚
虚無空間×3枚
毒蛇の供物×3枚
進化の特異点×3枚
バースト・リバース×2枚

エクストラデッキ
炎星皇-チョウライオ
発条機雷ゼンマイン
エヴォルカイザー・ラギア×2枚
エヴォルカイザー・ドルカ
エヴォルカイザー・ソルデ
キングレムリン
ダイガスタ・エメラル
No.101 S・H・Ark Knight
深淵に潜む者
鳥銃士カステル
牙狼ダイヤウルフ
励輝士 ヴェルズビュート
旧神ノーデン
炎の騎士キラー





【構築変更点】:トラップ刷新、ラギアに繋がる蘇生屋『エヴォルダー・ウルカノドン』を増加。



■ IN
《エヴォルダー・ウルカノドン》×2枚
《神の警告》
《虚無空間》×3枚
《ブレイクスルースキル》×3枚


■ OUT
《エヴォルダー・ケラト》
《貪欲な壺》
《奈落の落とし穴》×2枚
《月の書》
《強制脱出装置》×3枚
《バーストリバース》



罠の入れ換え。氷炎ハンド自爆にも使える『神の警告』とライフ的な天秤として『バーストリバース』を交換。あとはもう控え目にエヴォルド(リバースモンスター)をセットしてるってのに現れる"青い悪魔"。そこは罠で寄せるとして本題。





エヴォルダー・ウルカノドンめちゃつよ

『エヴォルド』から特殊召喚されると固有効果を使える『エヴォルダー』について、これまで3種類を扱ってきました。



● サイクロン持ちの一番隊《エヴォルダー・ディプロドクス》


● エヴォルダー蘇生からラギアに繋げる《エヴォルダー・ウルカノドン》


● 戦闘破壊ボーナス。エヴォルドをサーチできる《エヴォルダー・ケラト》




ゲームの流れとしては、まず伏せに対して『ディプロドクス』のサイクロン掃除機。続けて蘇生持ちの『ウルカノドン』からラギアに繋ぐ格好です。


相手モンスター(攻・守2100未満)を戦闘破壊できる状況であれば、《エヴォルダー・ケラト》からエヴォルドサーチに走ることもできます。



● 相手に伏せさえあれば出番の来る『ディプロドクス』

● 攻守2100未満のモンスターを戦闘破壊したい『ケラト』



実際のプレイでも両者のリクルート回数は如実に差が出ていたので、より場面の限られる『ケラト』を削って《エヴォルダー・ウルカノドン》を増やしてみると、中盤以降のパターンとして2枚消費からのラギア&ドルカ体制。



● 墓地にエヴォルダーが2枚ある状況で、《エヴォルド・ナハシュ》《強制進化》→《エヴォルダー・ウルカノドン》2体を特殊召喚→それぞれエヴォルダーを蘇生→恐竜族4体からラギア&ドルカ




■『墓地エヴォルダー2体』という状況

先にあったように、まず伏せを割るため《エヴォルダー・ディプロドクス》を展開、それを釣り上げラギアとなる《エヴォルダー・ウルカノドン》と運ぶゲームプランと合致します。


その上でデッキ内に『ケラト』ではなく、2枚目3枚目の『ウルカノドン』を忍ばせておく事で起こりうるパターンです。



『毒蛇の供物』などで1:1交換を繰り返した後、最終的に蓋となるラギアを立てる事が目的となるテーマなので、恐竜族を蘇生できる『エヴォルダー・ウルカノドン』の頼もしさ。ランク4の礎としても◎



■ ただ『ウルカノドン』含むエヴォルダーは、エヴォルドから特殊召喚しないと効果を使えない屍同然に成り下がります。この制約が引っ掛かり、これまではエヴォルダーの種類を増やし、状況に合わせてリクルートという形を取っていました。使用後は『ダイガスタ・エメラル』・『貪欲な壺』によるリカバリー。



そもそもエクシーズさえ立てば状況に合わせる事は造作もないので、アドバンテージ面でも蘇生屋『ウルカノドン』の積み増しは然るべき。食わず嫌いはあかんですたいでした。


エクストラデッキ』は、エヴォルカイザー兄弟が先置きカードなので、解決力のある後出しカードを散らしてあります。住み分け。



以上、5重スリーブで【エヴォル】を回す!でした。迷惑~w