ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【聖騎士を紐解く】

年末のプレイマット

新カード3枚も楽しみですが、エクストラパックから援軍を受けた【聖騎士】現状をレシピ&考察。


f:id:girudoya:20141006090528j:plain


■《聖騎士 wiki》

f:id:girudoya:20141006090252j:plain


【聖騎士】

レスキューラビット×3枚
聖騎士アルトリウス×3枚
聖騎士モルドレッド×3枚
聖騎士ボールス
聖騎士ガウェイン×3枚
魔聖騎士ランスロット
聖剣を抱く王妃ギネヴィア
湖の乙女ヴィヴィアン

増援
おろかな埋葬
死者蘇生
ソウルチャージ
簡易融合×3枚
馬の骨の対価×3枚
強欲で謙虚な壺×3枚
聖剣EX-カリバーン
聖剣アロンダイト
聖剣ガラティーン
天命の聖剣
大嵐
サイクロン×3枚
月の書

強制脱出装置×3枚

エクストラデッキ
カルボナーラ戦士
旧神ノーデン
重装機甲 パンツァードラゴン
神聖騎士王アルトリウス
聖騎士王アルトリウス
魔聖騎士皇ランスロット
ダイガスタ・エメラル
ラヴァルバル・チェイン
武神帝ーツクヨミ
機甲忍者ブレード・ハート
No.61 ヴォルカザウルス
迅雷の騎士ガイアドラグーン etc.




聖騎士の勝ち筋

ちょろっと戦ってみると、大きく分けて2つありました。



①「聖騎士王アルトリウス」

エクシーズ召喚時、墓地の聖剣を3本装備できるエコロジーな王様です。破壊・対象耐性&3000を越える打点を備えた王様ビートダウン。モルドレッド+聖剣が揃い次第、聖剣3本をサーチできるボールスを経由して辿り着けます。これがまずひとつ。




②「ランク4」によるワンキル

デッキから同僚を呼ぶ「モルドレッド」、手札から特殊召喚できる「ガウェイン」両名の働きによりランク4を主力に置けます。戦士族の攻撃力を1000上げる「聖剣ガラティーン」をブレードハートに装備すると二回攻撃でハッピーな事に。


例えば、「レスキューラビット・聖騎士ガウェイン・聖剣ガラティーン」から「聖剣ブレードハート+アルトリウス」=3200+3200+1800=8400とワンキルです。




枝葉

ワンキルはおまけとしてランク4を軸とする旨味は別にあり


● 墓地肥やしの「ラヴァルバル・チェイン」

● 手札入れ換えの「武神帝ツクヨミ


この2枚が活躍します。ツクヨミは【テラナイト】や【武神】【ワーム】でも使われる光属の特権です。効果は違えどチェインとツクヨミ両者の役割は同じで「聖剣を墓地に送る」ここに尽きます。



先程エコロジーな王様を紹介をしましたが、墓地の聖剣を3本装備できる「聖騎士王アルトリウス」の存在です。


ランク4(チェイン・ツクヨミ)を戦略の柱にしておく事で、ワンキルの他にも聖剣を墓地に貯め込み王様ビートに切り換える事を可能としています。聖騎士の勝ち筋である「ランク4」と「聖騎士王アルトリウス」が繋がっている格好です。



ランク4連中に頼らずとも聖剣をサーチできる「聖騎士ボールス」が居ますが、そもそも効果発動に聖剣を装備することが必要となり、ボールスを踏まえた聖剣の本数が構築段階から必要となってきます。



ただ、そうなると聖剣の共通項である

●『聖剣○○は自分フィールド上に1枚しか表側表示で存在できない』という同名制約。


同名の聖剣は引いた分だけ浮いた存在となってしまいます。エコロジーな王様アルトリウスのお陰で、聖剣が墓地に落ちても再装備余裕なので、聖剣は同名を避け最小数が好ましいと思いました。



それを可能としたのは、墓地から聖騎士に装備できる「聖剣を抱く王妃ギネヴィア」、聖騎士を聖剣へと置換する「魔聖騎士ランスロット」の2枚です。



《聖剣を抱く王妃ギネヴィア》
星2/光属性/魔法使い族/攻 300/守300
「聖剣を抱く王妃ギネヴィア」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「聖騎士」モンスター1体を対象として発動できる。 手札・墓地のこのカードを攻撃力300アップの装備カード扱いとして その自分のモンスターに装備する。
(2):装備モンスターの属性によって以下の効果を得る。
●光:装備モンスターが効果で破壊される場合、 代わりにこのカードを破壊できる。
●闇:装備モンスターが相手モンスターと戦闘を行う ダメージステップ開始時に発動できる。 そのモンスターを破壊する。 その後このカードを破壊する。




「ギネヴィア・ランスロット」両者自身の効果により墓地から舞い戻り装備確保に繋がるので、チェインから「ギネヴィア・ランスロット」を墓地に送る動きは聖剣サーチも同義となります。


旧神ノーデンやダイガスタ・エメラルから通常モンスターである「聖騎士アルトリウス」を蘇生することで、ランスロット蘇生→自身リリース聖剣サーチも叶います。




御姫

特に"墓地装備魔法"と化す「王妃ギネヴィア」は1枚あれば後続の聖騎士全てが機能するようになり、ギネヴィアはモンスター効果として装備を達成するので「ショックルーラー」魔法宣言や「ナチュルビースト」「エクストリオ」を越えて、モルドレッド→ギネヴィア装備→ランク4を叶えます。


兵士を鼓舞する「王妃ギネヴィア」


彼女を墓地に送る為のチェインに仕事があります。また、いくら聖剣が手札にあっても聖騎士がいないと勝てないので、そこは「武神帝ツクヨミ」の手札交換から王様による再装備を狙っていきます。




ここまで意識したのは

● 聖剣は同名制限のあるので最小数

● チェイン→墓地聖剣のギネヴィアを用意


という事で、ランク4に向かって構築は進みます。




ランク4に繋がる手立て。

聖騎士には「レスキューラビット」対応の「聖騎士アルトリウス」がいるので、もう丸く収まります。パッケージ。


通常モンスターである事で「ガウェイン」の特殊条件が整い、「湖の乙女ヴィヴィアン」の蘇生対象も通常モンスターであるアルトリウスに向いています。



聖剣を装備する前の「モルドレッド」達も通常モンスター扱いなので「ガウェイン」の特殊条件を整え、「馬の骨の対価」の対象にもなります。2ドローすきすき。


そんな「馬の骨の対価」の相方と言えば、太古から「簡易融合→カルボナーラ戦士」でした。2ドローすきすき。


なんか最近お爺ちゃんがシャシャってますが、爺さん=チェインが出る=王妃ギネヴィアを墓地に送り聖剣確保=素敵な老後をお過ごし下さいでした。


むしろ爺様が蘇生した「聖騎士アルトリウス」を「馬の骨の対価」や「魔聖騎士ランスロット」自己蘇生に回せる仕様です。





試行錯誤

毎度「モルドレッド+聖剣」が揃っていて、ボールスから聖剣サーチ→ランク5超王様アルトリウスまで届けば最高ですが、モルドレッドは増援合わせ4枚しかない存在です。



その点、海外は増援3枚 (@゜▽゜@)ノ


「ゴヨウガーディアン」もいるので「湖の乙女ヴィヴィアン」戦士族縛りのシンクロも (@゜▽゜@)ノ




モルドレッドの話に戻ります。「魔聖騎士皇ランスロット」が戦闘破壊を達成し、モルドレッドをサーチできるかは相手次第の未知数。「クリバンデット・カードカーD」からモルドレッドを探すプランも試しましたが、モルドレッドに罠を集められて圧殺でした。




防御スペル

ちょろっと最期に載せて締め。


● ギネヴィア+自身の効果により聖剣を計4本装備できる王様アルトリウス


となると、魔法罠の空きスペースは1枚2枚となるので、伏せられず抱える多量の罠より手札誘発かなとも思います。「カイザーコロシアム・虚無空間」のような1枚で済む置物系もいいですね。



魔法罠を破壊できる「聖騎士王アルトリウス」で自陣の聖剣本数を調整できますが、それは流石に勿体ない。


隣の戦士族に聖剣を譲りたい際、「聖騎士王アルトリウス」から自陣の聖剣破壊→再装備はあり得ますが平時にはやりません。




最期は「月の書」

裏返しから、セットカードを割れる「聖剣アロンダイト」に繋ぐと処理範囲が広がります。


相手がアロンダイトを意識してブラフを置いてこないシーンもあるので、サイクロンが本命を抜けたりと副次効果もあります。



「聖剣アロンダイト」は、装備先の戦士族の攻撃力を500下げる事でセットカードを破壊できるので、攻撃力たっぷりのランク5「FA-クリスタルゼロランサー」に付けてもいいなぁと思いつつ、ランク5なら攻撃力・耐性共にゼロランサーに引けをとらない「神聖騎士王アルトリウス」を呼べるのでゼロランサーいる?…等々試行は続きます。




まとまるくん

明確な勝ち目であるモルドレッドからの多重装備アルトリウスに加え、ラビット簡易融合を含めたランク4をプランとした構築劇場でした。チェインが聖剣サーチになるというだけで、エクストラパックから登場した「王妃ギネヴィア」には価値があります。



以上、今回の【聖騎士】はチェイン・武神帝ツクヨミを含むランク4で聖剣を回し、モルドレッド+聖剣が揃い次第王様ビートダウンに切り換える方向でした。あっさり目です。



今度は逆にランク4に向かわず聖剣もたっぷりで、聖騎士の固有効果を活かした方向で組んでみます。「聖騎士トリスタン+聖剣アロンダイト」で前も後ろも破壊しまくる方向!




次回構想

もののけビート】