ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【制限改訂】

改訂時期

毎年10月・1月・4月・7月(3ヶ月に1度)

またまたやって来ました。

「今期も儲けまんがな」

改訂への雑感を置いていきます。



年末商戦

【2014年10月1日から適用されるリミットレギュレーション】


【禁止】
なし

【制限】
「エルシャドール・ネフィリム
「エルシャドール・ミドラーシュ」
「召喚僧サモンプリースト」
ダーク・アームド・ドラゴン
「光天使スローネ」
「ソウル・チャージ」
「堕ち影の蠢き」

【準制限】
「BF-疾風のゲイル」

【制限解除】
「ゼンマイシャーク」
「アビスフィアー」
「針虫の巣窟」



総評

「東西選考会」の結果を受けたカードが多数入っている印象。

【D型マスクヒーロー】
【白黒シャドール】
【光天使シャドール】
【インフェルニティ】


見事に闇系列。「ダムド」は起爆剤としての役割を終えて元の位置に戻りました。「闇の誘惑・おろかな埋葬・貪欲な壷」といった脇役が巻き込まれるかと勘繰ってましたが、シャドール融合体という直接的なアプローチに決着。シャドールファルコンによる蘇生で再利用は効きますが、堕ち影規制でファルコンを表にできるタイミングも減っているので弱体化は成功しています。


シャドール融合体が1枚となったことで、ビーストセットや超融合、相手ターン写し見の選択肢も狭まり。今回規制された光闇を離れ、例えば地属性からトリオンの蠱惑魔とシェキナーガを軸にするのも丸そうですが、落とし穴系の価値が分からないので手探りぐりぐり。



鬼畜の諸行である「セプタースローネ」の規制もスローネに収まりひと安心。セプター規制では「マスティ・サモプリ・チェイン」とアクセス手段が豊富過ぎるので適当です。個人的には堕天使アスモディウスからのセプスロが天使族という枠で扱えたので、面白かったですね。


スローネが1枚ならばショックルーラー等、上位ランク4まで届かないのでセプターは効果を使えず、スローネも棒立ちとコンボ消失。


近い未来、セプスロからのドローが過ぎて外人が発狂する様も一興ですが、年末商戦という四字熟語には叶わず。ほんとに海外はセプタースローネどう扱うんだろう。規制カード刷るのもあれなので、ミスプリントかな笑


セプタースローネに関しては【シャドール・ヒーロー・テラナイト】にまで積まれコナミが極端に嫌う出張パーツ。古くはTGから神智モラルタまで手厳しい規制が敷かれてきました。環境の多様性を損うカードと捉えるのが基本のようです。


この辺りは選考会の際に取られた「非常食・レインボーライフ規制」のように「リミットアナウンス」の形式を取ってもいいのに。この時は書面通達を含め、すぐに拡散され問題なく運びましたが、集英社が絡む制限発表というジレンマ。Vジャンプさえ無ければもっと自由に動けるのに…



差異

世界大会で暴れ散らした【インフェルニティ】は「サモンプリースト・ソウルチャージ」を減らした格好。サモプリはヒーロー系列でシャドーミスト特殊要員としても使われているので、良着手です。ノーデンを意識した手札誘発が積まれ始めれば【インフェルニティ】は戦いずらくなるので相対性も◎


ここまでソウルチャージ1枚でヴェーラーもクロウも帳消しに出来た部分はあるので、元の位置に戻るのかなと思います。実際、世界大会ではデーモンをDDクロウ→ソウルチャージからネクロマンサーが沸いてきてリヴァイエールの流れが見られました。



歯止め

今回の改訂は「汎用カード」が動いてないのも特徴的です。圧倒的な使用率だった強制脱出装置や、意味嫌われていたショックルーラー禁止の声も通り過ぎ各テーマ規制に留まっています。一時、激流ミラフォが緩和され続けるインフレ期があったので、ここに来て汎用カードが動かないという事は、それも一段落という事でしょうか。海外制限との差異は…もう埋める気配さえないですねw



緩和組

来月発売となるトライブ・フォースに再録される【BF】、旧神ノーデンを強く使える【水精鱗】、エクストラデッキを多用する【ゼンマイ】らが許されています。


ゲイルは【BF】専用でなくとも、マスマティシャン→ゼピュロスから飛び出る新たな可能性。最近の遊戯王は戦闘行為が薄くなっているので、BFは歓迎したい緩和です。ペンデュラムモンスターなんて戦闘破壊しても意味ないですからね。墓地にすら行かないのでシュラも働けません。


そして、海皇の龍騎隊を蘇生できる「旧神ノーデン」は【水精鱗】の強力な武器。「旧神ノーデン×龍騎隊」→水属性である「アークナイト・深淵に潜む者・バハムートシャーク」等から海竜族サーチを担えます。ノーデン販促の一環としてのアビスフィアー3枚かなと。


エクシーズの申し子として君臨した【ゼンマイ】は噛ませ犬。影霊依ブリューナクなり影依融合と「対エクストラデッキカード」を登場させることで、環境を回していこうという意図が見てとれます。戦力をエクストラデッキに頼るテーマは、日の目を見ない時代が続くものだと思われます。黒枠白枠を並べても超融合→旧神ノーデンが解答になってしまうなんて、まさに。


針虫ちゃんはクリバンテットを合わせて「終わりの始まり」で3ドローとかしたらハッピーなんじゃないでしょうか。



制限確定まで手を出していない人達が多かったのか、旧神ノーデンは現在2500円を越える勢いを獲得w

小型エキスパンションで、この値段はおかしいですが3ヶ月遊んで数千円なら御の字…?


【神風ワンキル】のように事前に手が入るだろうと、大方の予想をぶっちぎり放置されたワンキルタイプも気になります。すでに優勝という結果を残しているので意識は必要です。年末に再販パックが出るので、そこで増殖するGなりヴェーラーを売りたいのかな?と予想。



エアーマンやクリフォートツール放置は在庫への配慮として、次期環境。マスクヒーロー・クリフォートが繰り上げとなる中、バブルマンと手札誘発が喧嘩する隙を見てノーデンワンキルが闊歩する時代となるのか。


環境が分からない時は、受けに回らず自分のやりたいことを押し通すテーマが勝つというのがカードゲームの定石なので、ちょっと旧神ノーデンが…


今冬が、遊戯王にとっての冬にならないことを祈るばかりです。




次回構想

新カード祭りですやん兄さん。