ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【値段】

【2万】

f:id:girudoya:20140813235013j:plain



地獄門の契約書」のフラゲレートが「釣り上げ」によりヤフオクで3枚2万にぶち上げられました。今の遊戯王のレートは「遊戯王カード検索」に因るところがあるので、対象となるヤフオクでやらかしてる訳です。勘違い落札や店頭での買い取りにも波及すれば利鞘が出ます。実際に店頭で3800円で並んでいた地獄門を即買っていった人や、現状2600円前後の地獄門を見て「(2万から)レート下がったな・・・」なんて真顔の人が居たりと、遊戯王が続く闇を垣間見た気がします。



お店からすればお客さんにネット価格を提示されても困ることしかないので、やめたって欲しいものですが、新商品の話題作り。目に止まり手にとってくれる人が増えれば、まぁ許容範囲でしょうか。数多くの実店舗がネットに販路拡大を見せていく流れは続くので、もはや付き物にさえなりそうです。



ユーザーとしては今の遊戯王はパックの中でアタリ・ハズレが大きく値下がりが早いので、少し待ったほうが安く上がることが多いですね。「手放す時に値が付かないのでノーマルにお金をかけない」「ポイントがあるからとレートより高いカードを買わない」といったコツもありますが、手間隙時間アドに勝るものはないので、それらも遊戯王の楽しみ方のひとつとして帰結します。


今やスリーブやマットなど「サプライ」も欠かせない商材です。中でも大切なのは後々プレミアが付く「キャラ物」流通品であっても初版絶版が殆どなので、店頭に残ったものでもアマゾンで定価以上で売れていくそうです。



ネットでの「霊使いスリーブ」の予約価格が5000円スタートという驚愕の事態ですが、まぁそれもね…。「妖怪ウォッチ」や「並ぶ系飲食店」「ライブチケット」にも当てはまりますが、「品薄商法」「行列商法」と似てるところがあります。


わざとキャパシティより少ない商品を用意して飢餓感・焦燥感を煽ると共に、プレミア感を打ち出し在庫のリスクも抑える手法。我先に我先にと動きたがるのが人の性です。先日の「ウィクロス」がモロでした笑。同時に転売ヤーという問題も出ますが、二次流通なんて正直メーカー側は・・・


そもそも買わなければいいという意見が出ますが


「わかっちゃいるけど、やめられない」


そこに尽きる気がします。それでいいのです。と神の啓示。




ではまた!