ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【夏の竜星】


《NEXT CHALLENGERS》

【竜星】の新カードを試しました。使用感3枚と名推理的なデッキレシピ!




①《 闇竜星-ジョクト 》

手札2枚と引き換えにデッキから竜星2体を特殊召喚できるレベル2チューナー。リクルーター中心で鈍足だった竜星のテンポアップを可能としました。



何より強烈なのは『ジョクト+ソウルチャージ』のぶんぶんパターン。


ジョクトの手札コストにした竜星2枚と、ジョクト効果によりデッキから特殊召喚した2枚をソウルチャージする事で超展開を見込めます。捨てたモンスターと特殊召喚するモンスターを調整することで、シンクロの友である《ライブラリアン》の横でドロー祭りが始まります。



手札消費の大きいジョクトに対するヴェーラー用にスキルプリズナーも試しましたが、《月の書・脱出装置》でもヴェーラーケアという汎用性の勝利でした。選べる幸せ。


また、ジョクトの手札コストを逆手に取った《煉獄龍オーガドラグーン・魔王龍ベエルゼ》といった闇シンクロにも手が届きます。




破壊をトリガーとするリクル軍団【竜星】は激流葬が1ミリも怖くないので、ジョクトからガツガツ展開。


そしてソルチャ・蘇生トラップに加え、墓地の竜星をデッキに戻し2ドローできる《竜星の輝跡・貪欲な壺》に繋ぎます。


デッキ内の竜星の比率を高め2ドローという動きなので、手札に竜星を必要とするジョクト効果サポにもなります。序盤、墓地の肥えてない段階の《竜星の輝跡》はジョクトの手札コストに充てられる点も◎



ジョクトから特殊召喚した2体はエンド除外されてしまうので、適当に自爆して相手ターンシンクロを構えられるようリクル効果での調整が必要です。



(竜星のリクル効果はタイミングを逃すので、チェーン2以降の激流葬で死滅するのは内緒)






②《 魔竜星-トウテツ 》

レベル5竜星という存在感。


まず、一口に相手ターンシンクロといっても直接的な除去として数えられるのは『ヴァルカン・オリエント・月華竜・黒薔薇・輝竜星ショウフク・トリシューラ・ミストウォーム』といった召喚誘発グループです。(耐え忍ぶなら閃光竜や魔王龍ベエルゼ)



シンクロの中でも高レベル帯に並んでいます。竜星の相手ターンシンクロは素材全てが『竜星固定』という縛りがあります。


そうなるとシンクロに必要となる竜星のレベルも比例することになり、小粒な竜星達を重ねてきた苦労がありました。



★《レベル5 魔竜星トウテツ》

★《レベル2チューナー 闇竜星ジョクト》


レベルの高い竜星の登場は、そのまま高レベル帯のシンクロに繋がり、先の召喚誘発グループにも繋がっていきます。


《強化蘇生》のレベルを1つ上げる効果が、どれだけ有り難いのか語り継がれるレベルです。


魔竜星トウテツをシンクロ素材としたモンスターは『コントロール変更不可』なので、アークナイト・ビックアイ・サクリファイス・心変わり等に奪われないというオマケも付いています。






③《 竜魂の幻泉 》

蘇生トラップの新顔です。

テーマを不問に蘇生する『リビング・リミリバ・エンジェルリフト・ピンポイントガード・強化蘇生…』ここに加わった《竜魂の幻泉》


【竜星】における蘇生トラップは、相手ターンシンクロの素材調達という位置付けです。


レベルの上がる《強化蘇生》からワンランク上のシンクロを目指す、エンド《リミリバ》から蘇生した竜星を守備表示にして自壊させ、リクル効果&竜星の具象化のトリガーといった使い分けが効きます。



その中で《竜魂の幻泉》は蘇生対象に『レベル制限がない』点が光りました。リビングに加え《相手ターン月華竜》のチャンスが増えます。


また、シンクロを経由して高レベルシンクロに向かう際《ライブラリアン》を墓地に置いておく事で、ジョクトを強く使えるケースがあります。


『ジョクト効果⇒竜星2体特殊⇒竜魂の幻泉⇒ライブラ蘇生⇒2ドローしながらシンクロ』という流れです。


月華竜・ライブラの蘇生は、レベル4以下の制限がある強化蘇生やピンポイントガードでは叶わない芸当です。



竜魂の幻泉『守備表示で特殊召喚』というテキストも、攻撃表示で特殊召喚されるリビングとの使い分けと考えるとライフ管理に役立ち、後々のソウルチャージにも繋がっていきます。





④ 《 ナイト・ドラゴリッチ 》

歴史ある『リビング⇒サイコショッカー』は姿を変え、幻竜族に到来した《ナイト・ドラゴリッチ》


ドラゴリッチの永続効果によりデッキ・エクストラから特殊されたモンスターを守備表示に固定し、守備力を0にダウン。戦闘破壊に追い込めます。


相手の攻撃に合わせドラゴリッチを蘇生トラップから呼び戻す事で戦闘を支配。幻竜族は《邪竜星ガイザー》自壊から一瞬で呼べるので、ドラゴリッチは拘束力の選択肢に加わる新戦力です。







【夏の竜星 ~ジョクトからダムド出して名推理ver.~ 】


ダーク・アームド・ドラゴン×2枚
魔竜星-トウテツ×3枚
炎竜星-シュンゲイ×3枚
地竜星-ヘイカン×3枚
闇竜星-ジョクト×3枚
光竜星-リフン×3枚

名推理×3枚
ソウルチャージ×3枚
死者蘇生
竜星の輝跡×3枚
大嵐
サイクロン×3枚
月の書

強制脱出装置×3枚
強化蘇生×3枚
竜星の具象化×3枚

《エクストラデッキ》
波動竜フォノン・ドラゴン
魔界闘士 バルムンク
虹光の宣告者
TG ハイパーライブラリアン
AOJ カタストル
獣神ヴァルカン
超念導体ビヒーマス
ブラックローズ・ドラゴン
月華竜ブラックローズ
邪竜星-ガイザー
輝竜星-ショウフク
メンタルスフィア・デーモン
魔王龍ベエルゼ
ミストウォーム
氷結界の龍トリシューラ




★《 summer 》

高レベル帯のシンクロを狙いたいので、下級竜星もレベルの高いものから選びました夏。


《名推理》のレベルが散らばるよう、ジョクトから出す竜星を調整するのがコツです笑


《ソウルチャージ》がある時はジョクト妨害の悲劇も緩和されるので、前のめりで仕掛けられます。ガツガツいこうぜ。


ジョクトが苦手とするヴェーラーを打破できる《スキルプリズナー》が名推理ボーナスで落ちると盛り上がるので、墓地起動トラップを増しても面白いと思います。


リクルテーマはデッキバウンス《自由解放》を扱いやすいので、対ペンデュラムモンスターに是非。




《おまけ》

レベルが散っている竜星に《未来への思い》を試してみましたが、テキストの3分の2が制約って。特に蘇生モンスターの効果が無効となり、相手ターンシンクロ不可なのがペケ。予想に違わず4枚目以降のソウルチャージとして決着しました。



《未来への思い》
通常魔法
自分の墓地のレベルが異なるモンスター3体を選択して発動できる。 選択したモンスター3体を特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力は0になり、効果は無効化される。 その後、自分がエクシーズ召喚を行っていない場合、 このターンのエンドフェイズ時に自分は4000ライフポイントを失う。 また、このカードを発動するターン、 自分はエクシーズ召喚以外の特殊召喚ができない。






そして完璧に関係ないんですけど、せっかく制限改訂が年4回になったので【四季】をモチーフにしたアーキタイプなんて素敵です。


『こたつ+明日テスト⇒あなたは敗北する』的な。

『明日テスト+少し寝るか⇒あなたは敗北する』的な。

四季つよい。[]