ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【黒庭仮面】


■《 カップリング


f:id:girudoya:20140710103315j:plain


f:id:girudoya:20140710103328j:plain



モンスターを弱体化させる《M・HERO 光牙》


その隙を見て破壊&ドローに変換する《神葬零嬢ラグナゼロ》



この2枚を主体とした【マスクヒーロー】を作製。アライブ・ラビットから『光牙ゼロ体制』に突入します。そんな雰囲気で、ちょろっと回してきました。





f:id:girudoya:20140710103252p:plain


【黒庭仮面】

レスキューラビット×3枚
E・HERO スパークマン×3枚
E・HERO エアーマン
E・HERO シャドーミスト
E・HERO バブルマン
E・HERO ボルテック

Eーエマージェンシーコール×3枚
ヒーローアライブ×2枚
死者蘇生
簡易融合×3枚
馬の骨の対価×3枚
ブラックガーデン×3枚
ミラクルフュージョン×3枚
マスクチェンジ×3枚
禁じられた聖槍×3枚
禁じられた聖杯×3枚

強制脱出装置×3枚
転生の予言

《エクストラデッキ》
M・HERO 光牙
No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ
ダイガスタ・エメラル
カルボナーラ戦士×2枚 etc.








■《 攻守 》


f:id:girudoya:20140710104538j:plain


光牙・ラグナゼロ共にフリーチェーンなので相手ターンにも動けます。展開には破壊&ドローで対応、展開を躊躇するならば『ボルテック』の攻撃を通せるので、光牙で除外したヒーローを帰還。さらなるランク4を狙えます。



『聖槍聖杯』のようなコンバットアイテムとラグナゼロを合わせる事で、1ドロー付きの除去としても扱える点も長所です。





■ 光牙チェンジ用の光属性は『E・HERO スパークマン』をピックアップ!


f:id:girudoya:20140710103838j:plain



当初は『聖騎士ガウェイン・オーバーソウル・アナザーネオス』からラグナゼロを目指すギミックを画策していましたが、光牙で墓地ヒーローを除外するのでオーバーソウルのような墓地利用カードは優先度低めに。



そしてラグナゼロ(ランク4)ならレスキューで1発!という事で『レスキューラビット・スパークマン』コンビの起用に至りました。展開も後述します。





■ さらにこのスパークマン。攻撃力1600なので『ブラックガーデン』の蘇生対象となります。



f:id:girudoya:20140710103216j:plain



ブラックガーデンは場に出たモンスターの攻撃力を半減するフィールド魔法です。ラグナゼロの的を産み出す・スパークマンを蘇生するというシナジーを形成します。


おまけにバブルマンが攻撃力800なので、ブラックガーデンの蘇生対象にスパークとバブル。属性を選べる事でマスクの使い勝手も変化します。



さらに《光牙》は相手モンスター数×500攻撃力を得るので、光牙とブラックガーデンを置いた状態で特殊召喚を重ね相手の場にローズトークンを生み出し、超打点の光牙で襲い掛かるといった芸も可能です。




■ 《ブラックガーデン》を蘇生カードとしても数える事で《ダイガスタ・エメラル》の精製にも助力。スパーク蘇生から馬の骨の対価2ドロー、またはスパークをデッキに帰す事でラビット運用に繋がります。



さすがに初手スパークマン2枚は刺激的なので、確率が下がる先行を取る、転生の予言ついでにスパークマンを戻すといった心掛けが必要です。






■『アライブ&ラビット』

最もおいしい動きとなるペアリングです。


● 光牙・ラグナゼロ体制

● ブレハカリバーでワンキル

● ダークロウ・ランク4・ヒーローサーチ

● ショックルーラー・ヒーロー/マスクサーチ

● ランク4・ランク4



ワンキルから制圧まで好き放題ですが『光牙ラグナゼロ体制』に向かった場合。




―《 アライブ・ラビット 》―

● アライブ⇒シャドーミスト⇒マスクサーチ

ラビット召喚⇒スパーク・スパーク

スパーク×マスク⇒光牙

スパーク×シャドーミスト⇒ラグナゼロ



そして相手の展開を光牙⇒ラグナゼロの効果で弾き、シャドーミストからボルテックをサーチ。光牙で除外したスパークマンが帰還を待っています。



次のターン『光牙・ラグナゼロ・ボルテック』という並びでバトルフェイズ。ボルテックから帰還させたスパークマンも追撃可能です。



● 光牙(2500)+ラグナゼロ(2400)+ボルテック(1000)+スパーク(1600)=7500ダメージからメイン2ガンマンで8300締め。


光牙ラグナゼロで構えることは、次のボルテックからワンキルという形まで持っていけます。(激流葬が直撃するので要検討)





■ また《光牙》の攻撃力を下げる効果は自軍に向けても放つ事もできます。奈落回避がスマートですが《煉獄の落とし穴》も同様です。公式より裁定を引っ張ってきました。



f:id:girudoya:20140710103137p:plain


《Question》
「煉獄の落とし穴」の効果処理時に、相手が特殊召喚した効果モンスターの攻撃力が2000未満になる場合、処理は適用されますか?


《Answer》
相手の特殊召喚した攻撃力2000以上の効果モンスターが、「煉獄の落とし穴」の効果処理時に、「 収縮 」等の効果によって、攻撃力2000未満となっている場合、「 煉獄の落とし穴 」の効果は適用されません。 (その効果モンスターの効果は無効化されず、破壊される事もありません。)




例えば『トリシューラ⇒煉獄の落とし穴⇒収縮』となると、トリシューラは破壊されず効果もダダ通り。この収縮の位置に光牙を用いる事で、攻守に渡り輝きを放っていけます。



光牙の攻めに関しては『光牙でバトル⇒マスク⇒光牙2号⇒墓地の光牙を除外して相手を2500弱体化⇒バトル』と意味不明なスピードでライフをごっちゃんできます。




■ 気付くとダークロウ一辺倒になってしまうマスクヒーローなので、色彩あるマスクを満喫という事案でした!


ラグナゼロは水属性なのでアブソルートZEROの素材となり、攻撃力2400なのでブラックガーデンの蘇生対象にもなります。カードゲームでは『ドローは正義』と詠われる事がありますが、では『悪』は何だろう?と思う7月初旬。ヤタガラス禁止の理由がそこに。





そしてマスクヒーローが強化されたなら彼も…


f:id:girudoya:20140710104649j:plain



実質ノーコストであるペンデュラムモンスターを儀式召喚の生け贄とするデッキも組めそうです。